壊れる時は壊れるのだよ 第10章

あるいは第5章リターンズ((( ;゜Д゜)))
デジタルガジェットスキーなみなさまごきげんよう。まずはこの画面を見ていただきたい。
4EB9DD63-CB32-48DD-B558-6E047B8C3B6F.jpeg
9016CFAB-28DE-40F0-96E9-40DCDDBCE2B0.jpeg
画面の上1/3程度に影が落ちているように見えるのがおわかりだろうか。
これ、バックライトかバックライトのコントローラーが逝ってるんだぜ(多分)。。。
※電源いれた瞬間は問題なく映るんだけど、次の瞬間この輝度まで下がるので明らかにおかしい感じ

というわけで、TOSHIBA REGZA 49Z700Xさんがとても怪しいことになりました。
C8BF121F-0878-4C06-B59C-2AA68D256362.jpeg
なお、これは11月18日あたりの出来事です。
後述する諸々のために記事にするのが遅くなったので、皆様、今は11月中頃だと思って読んでください(∩ ゚д゚)いや、読む分には時期関係無いですけど

 
さて。

2、3日様子見してみたんですが自然に直る気配もなく、電源のON/OFFを繰り返しているとたまに正常に映るものの、しばらくすると再発してしまうので見切りをつけることにしました。
Z700Xを買ったのが2017年の1月なので、4年持たなかったかんじですか(´・ω・`)早いっす
ググってみましたが、修理してもパネル交換になると10万円コースらしいので、だったら新しいの買っても大差無いじゃないかーというわけで……


TOSHIBA REGZA 50C350X

62D04FC1-4296-4A90-A247-EF0D4968023E.jpeg
0BFF1FDB-D14C-426A-8216-04EED783AFB6.jpeg
設置は箱から出して足をつけて配線するだけなんで自分でやりましたが、超簡単。
※おかげで写真撮るの忘れました

今時分の機種だけに、4Kチューナー標準搭載なので4K放送がみられます。
うーん、なかなか綺麗ですね。素直に感動しましたが、4K放送は録画はできるもののNAS等には逃せないので利便性に欠けるのが惜しいです。

今回は懐具合と持ちを加味してだいぶグレードを下げました(数年で壊れるなら毎回高いの買ってられない)が、現行機種にはしています。
ただ、現行機種なんだけどそこは普及価格帯の機種だけあって、Z700Xと比較すると若干制約がありまして。

1) チューナー数が3 → 2個に減っているのでW録画ができない
2) SeeQVaultの録画再生に対応していない
3) NAS/USBから再生できる動画形式が変わっている

1はちょっと不便になりました。ウチは割と録画する方なので、被ったらレコーダーと併用で対応ですね。
2は、今後の故障に備えてNASへの退避だけでなく、バックアップに使いたいなーと思っていましたが、対応外なので断念。

そして、3が一番問題でした。なので……


50C350Xの再生可能動画形式の話しをしよう

NASに突っ込んだMPEG2-PS形式の動画が全て再生できなくなっていて困りました。
よくよく調べてみると……

まずZ700Xのマニュアルに記載されている対応動画形式はこちら。
10BD0789-51F0-4515-A1EA-8FEA200CD260.png
次にC350Xのマニュアルに記載されている対応動画形式はこちら。
6462975F-C3B8-49A3-88D2-543FB925559D.png

なるほど、再生可能形式からMPEG2-PSが消えていますね。これか。
※C350Xだけでなくて最近のTOSHIBAのTVはみんなこんな感じっぼい。
そして「これか」とかしれっといってますけど、いろいろ調べて少しだけ知識がついた今だから書けているだけで、当初は原因がさっぱりわからず、たぶんフォーマットが対応してないんだろうな位しかわかっていませんでした。どうでもいい話しですががが。


原因はわかったものの、動画はぜんぜん詳しくないのでお手軽に変換するツールとか試してみましたがどれも全然ダメでした。
仕方が無いので腹を括っていろいろ調べた結果、最終的にはffmpegあたりでMPEG2-PS形式をMPEG2-TS形式に変換するだけで、再エンコなしでいけるっぽいことがわかりました。
ただし、USB端子に挿したメモリ/HDDからのみ再生が可能となる、ですが。
というのも、現在進行形で、NAS上に配置した同形式の動画の再生ができてないんです。

USBメモリ/HDDに格納した場合、サブメニューのメディアプレーヤから辿るほうから再生でいけます。
対して、同じ動画をNASに配置してみると、
・録画リストボタンからNAS内の該当ファイルを選ぶ
・サブメニューボタン→メディアプレーヤからNAS内の該当ファイルを選ぶ
のどちらのやり方でも、いずれも「再生できません」と言われてしまいます。
なのにUSBメモリ/HDDからなら同じファイルなのに再生できるという謎。
TOSHIBAのTVは動画再生させる気があんまり無いっぽいという声は動画形式を調べている時に方々で見かけましたが、それにしたってわけがわからない。。。

なにはともあれ、ひとまず再生できる形式への変換用ffmpegのコマンドを備忘を兼ねて書いておきます。

・コマンド
ffmpeg -i <入力ファイル名> -f mpegts -c:v copy -c:a copy <出力ファイル名>.m2ts

これだけでいけます。映像/音声ともにそのまま使って形式だけ変換なので超早いです。
が、大前提として、入力ファイルは映像が「MPEG2」で音声が「AC3」の動画である必要があります。

……。
………。

うん?
映像がMPEG2で音声がAC3で、映像も音声もcopyで再生できる?
AC3ってドルビーデジタルだよね?
マニュアルには映像が「MPEG2」の場合、音声が「AC3」のものが再生できるとは書いているようには見えないんだけど、なんでこれで再生できるんだ?
画像フォーマットと音声フォーマット欄はどの組み合わせでも対応できるってこと?
その割に、動画がMPEG2で音声をAACにしてみたら全く音が出なかったんだけど……。
本当にわけがわからないよ_:(´ཀ`」∠):_そういうもんなのか動画界;;;
いいや、もう、これで再生できるんだから再生できるんだよ、きっと!


すいません、脱線しました。続けましょう。

入力が上記以外の動画形式の場合は、とりあえず以下の引数で同じ形式に再エンコードできるので再生は可能になりますが、このままだと画質がかなり悪いです。

・コマンド
ffmpeg -i <入力ファイル名> -f mpegts -c:v mpeg2video -b:v 3000k -aspect 16:9 -vf bwdif=0:-1:1,pp=ac -c:a ac3 -ac 2 -ar 44.1k -ab 128k <出力ファイル名>.m2ts

ビットレート(-b:v で指定している値)が低すぎるためですが、いくつまで上げられるかは試行錯誤中に「copyでイケる」ことに気づいてしまったので、突き詰められていません。
copyで元のデータそのままで再生が問題無いことを考えると、結構なビットレートでも行けそうな気はするんですが。
「-vf bwdif=0:-1:1,pp=ac」のあたりはデインターレース&ノイズフィルタですが、インターレースのままでもTV側がうまく処理してくれる気がするので必要無いかも?
その場合は「-vf pp=ac」だけになる感じかと。
※このあたり、せっかくなのでいろいろ試してみてもいいかなと思っています。



長くなってきたのでそろそろ〆ましょう。
なんだか半分くらいは動画の話になっていたような気がしますが、勉強中の身ゆえ、間違ったこととか言ってるかもしれません。
間違っていたら優しくご指摘いただければと。。

そんなわけで、動画再生の勉強と試行錯誤をしていた(あと仕事がデスマってた)せいもあってブログにするのが遅くなりましたが、こんな感じで新たなTVがやってきました。

動画配信サービスが全盛な昨今ですが、なんだかんだTVってみますよね。
前述の通り動画再生に難はありますが、4Kが見られるのはとてもいなーと思ったり。
特に麒麟さんとか朝見られるし、超画質だしでイイですね(*´д`*)

4Kでテレビショッピング番組が意外と多くてどうなんだ?って思いまたが、逆に4Kだから商品がくっきり見えていいんじゃないかとか、嫁と感心していたり。

若干癖があるところはありますが、製品自体にはとても満足できました。


そして、今度は、何年、持つのだろう(∩ ゚д゚)

この記事へのコメント